札幌でエアコン 給湯・暖房ボイラー ストーブ分解修理のご相談ならドクターポット

  • 見積り・お問い合わせ
  • LINE簡単見積もり
0120-916-765
投稿日
2023/06/28

ほくでんの電気料金はなぜ値上げしたの?

ほくでんの電気料金はなぜ値上げしたの?

2023年5月19日、経済産業省は北海道電力の電気料金の値上げを認可したとを発表しました。
経済産業省によると、北海道電力は2023年6月より家庭用の電気料金を、平均23.22%値上げしています。
北海道電力の試算では、標準的な家庭(従量電灯B、30A、月間230kWh使用)の場合、月々の電気料金は約8,400円から約10,300円と、約22.6%値上がりする見込みとしています。

しかし、これはあくまでも北海道電力の概算であって、電気の使用状況によっては、電気代はさらに上がる可能性があるため注意しましょう。
さらに、2023年9月に政府の電気代補助が終了する予定のため、秋以降、さらに電気代の請求額は上がります。

 

なぜ北海道電力の赤字がここまで拡大したのか。

北海道電力が電気代を値上げした理由は、経営が危機的状況にあるからです。なぜ、北海道電力の赤字はここまで拡大してしまったのでしょうか?

それは、火力発電に使用する化石燃料(石油や石炭、天然ガス)の費用が大幅に高騰しているからです。
なんと、2020~2022年の間に、燃料費は5〜8倍も上がっています。 北海道電力はほとんどが火力による発電で、使用する燃料のほぼ全てを輸入に頼ってきました。これにより、仕入れ値が売上を上回る事態が続き、大幅な赤字となったのです。

 

 

北海道の特殊性

また、北海道の特殊性が北海道電力の経営ひっ迫に拍車をかけています。

 

  1. 広大な土地に供給先が分散している
  2. 北電のほかに広い道内をカバーできる電力会社がなく供給責任が重い
  3. 原発が稼働できない

 

などが挙げられます。 燃料費は2023年に入ってやや落ち着き始めていますが、高騰の主な原因である「ロシアの軍事侵攻問題」は、現在も解決の見通しがついていません。
2020年以前のような価格水準になるとは考えにくいのです。 そのため、北海道電力の電気代が今後も上がる可能性は非常に高いです。

北海道の電気代高騰のお悩み、ドクターポットと一緒に解決しませんか?

冷暖房機器や給湯器などの家電製品は、定期的なメンテナンスを行うことで効率的に稼働し、消費電力を抑えることができます。

消費電力を少しでも抑える方法、一度ご相談ください!


ドクターポットはエアコン、ストーブ、ボイラーの設備業者です。今回ご紹介した冷暖房機器や給湯器のメンテナンスはもちろん承っておりますLINE・メール・お電話で承ります。

また、エアコンも販売、取り付けを行っております。自分の住んでいる地域ではどんなエアコンがいい?などお気軽にご相談、お問い合わせくださいませ!

 

その他のお知らせ

  • お知らせ

    2/23(金)の営業時間について

  • お知らせ

    2/12(月)の営業時間について

  • お知らせ

    1/8(月)の営業時間について

    記事作成者 鈴木 奈々美

  • お知らせ

    新年明けましておめでとうございます。

    記事作成者 鈴木 奈々美

一覧に戻る

まずは、お電話・メール・LINEでトラブル状況を教えて下さい! 通話料・ご相談・見積り0円!

0120-916-765
月曜日から金曜日9時〜18時 土曜日、祝日9時〜17
ドクターポット 株式会社OGURI
札幌市北区新琴似6条13丁目5番14号
  • 見積り・お問い合わせ
  • LINE簡単見積もり